花粉症は乳酸菌サプリメントで改善できるのか

 乳酸菌は、花粉症の症状を緩和する作用がある栄養素だと言われており、多くの人が積極的に補給しています。

 乳酸菌をサプリメントから補給することで、花粉症の症状を軽くすませようとする人は大勢いるようです。

 花粉症の症状は、なぜ起きるのでしょうか。

 花粉症について知識を深めることは、花粉症対策に有効だといいます。

 人体は、余計なものが体の中に入り込んだ時に、それを検知し、大概に出そうとします。

 この働きが、花粉症の症状の引き金になっています。

 ヘルパーT細胞1型・2型という細胞が、人の体の中にはあります。

 この細胞が、免疫システムの働きを担っています。

 異物を体の外に出すための抗体がつくられるかどうかは、2型細胞がインターロイキン4という物質をつくるかどうかに関係します。

 乳酸菌を体内に取り入れておくことで、異物を排出するための抗体がつくられにくい状態にすることができます。

 アレルギーの原因物質となっているアレルゲンも、口や鼻を通じて体の中に入り、腸で吸収されるというプロセスを経ています。

 サプリメントを摂取し、腸内環境を整えることができれば、花粉症の症状を軽減することが可能になるといいます。

 腸内の善玉菌を増やし、腸の活動を活発にするために乳酸菌サプリメントを利用することで、花粉症などアレルギーの元になる物質が体の中に入り込まないようにできます。

 医薬品ではないので、サプリメントは花粉症に対する治療効果はありませんが、花粉症の症状が起きにくい体質に少しずつシフトする効果が見込めます。

 空気中に花粉が混じる季節より、3カ月くらい前倒しにして、サプリメントを使い始めるようにしましょう。

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial